様々な夫婦の悩みを解決しよう。

もともと他人だった2人が一緒になるって大変だよね。

セックスレスが悩みなのは妻と夫どちらが多い?


セックスレス

日本ではここ最近、夫婦間でのセックスレスの悩みが増加しているようです。 お互いがある程度の年齢になれば、ほとんどの夫婦は、生物学的観点からもどんなに仲が良くても自然とセックスレスになるものです。 しかし、最近では、結婚してから、あまり年数が経っていない夫婦や、年齢の若い夫婦でもセックスレスの悩みが増加しているようです。(※sexレス解消法に関してわかりやすいページはこちら) セックスレスが悩みが大きくなれば、次第に夫婦の関係が悪くなり、最悪のケースでは離婚の原因にもなります。 要因としてはセックスレスの悩みは、夫婦ふたりが悩むものではなく、どちらか一方が悩むものです。 基本的にセックスをしたい側が1人で悩みを抱えるものですから、夫婦ふたりが悩む問題よりも、解決が難しいと言えるでしょう。 セックスレスで悩んでいるのは、妻よりも夫の方が多いようです。

セックスレスとなる原因はさまざまですが、子どもの出産を機にセックスレスになる夫婦が多いようです。 子どもを出産してからセックスをしたくなくなる女性はたくさんいます。 身体のホルモンバランスの変化や、赤ちゃんとの慣れない生活による疲労などで、ママの身体はそれどころではないのです。 これはごく自然なことでもあるので、ママをゆっくりと休ませてあげることが大切です。 そのような身体の変化が起こらない夫としては、赤ちゃんばかりのお世話をして、自分は見向きもされない状況に、深く傷ついてしまうことも多いようです。 反対に、出産を機に、夫の方がセックスレスになるケースもあります。 結婚してからラブラブだった夫婦でも、子どもはが産まれると同時にパパとママの関係になります。 最近では、出産に夫が立ち会うケースが増えていますが、これが妻を異性として見られなくなるきっかけになっているケースが多いようです。 また、妻の方も、身体の疲労だけでなく、出産をした段階で夫のことを異性として見られなくなり、家族としてしか見あられなくなるケースが多いようです。

セックスレスの夫婦が増えていますが、セックスレスであることが夫婦ともお互いが悩みとなっていないケースもあります。 セックスレスの夫婦でも、愛情がなくなったわけではなく、お互いが家族愛を持っています。 家族愛があるからこそ、セックスレスの夫婦となってしまうのかも知れません。 しかし、夫婦のどちらかがセックスレスが悩みの種となっている場合には、お互いがまずは思いやりを持って、医療機関などにも相談しながら、解決をしていくことが大切です。